ログイン
HOME  » 商工会情報
商工会情報

あいさつ

私ども商工会では、みなさまの身近なところで商売や事業を営んでいる事業主や社長の方々にたくさんご入会いただいております。
特に、この中には芦屋への想いや商売へのこだわりには話題豊富な方がたくさんいらっしゃいます。
個性化と高齢化の時代を迎え生活者のご要望に応える活動やライフスタイルにマッチした商い人をご紹介していきます。

 「アシヤ流で行く!」

芦屋商人の心意気を感じ取っていただきまして、
芦屋市内の商工会員のお店・会社をご利用いただきますようご案内申し上げます。
 

概要

■所在地: 〒659-0065 芦屋市公光町4番28号
■TEL: 0797-23-2071
■FAX: 0797-32-4177
■会 長:  永瀬 隆一(株式会社永瀬 代表取締役)
■副会長:
 
新谷 勝彦(株式会社アシスト芦屋 代表取締役)
桑田 敬司(株式会社ハナヤ勘兵衛 代表取締役)
■事務局長: 福本 敏之

芦屋市商工会の組織図

商工会は芦屋市内の商店街・市場(芦屋山手サンモール商店会・ラポルテ本館名店会・ホテル竹園芦屋テナント会・ラポルテ東館名店会・モンテメール会・ラ・モール芦屋名店会・駅西商店街・川西商店街・芦屋市本通り商店会・芦屋市三八会・打出商店街・浜芦屋商交会・浜東商店街)と前記の団体に属されない会員の方々から構成されています。

最高議決機関として総代会があり、商店街・市場とそれらに属されない会員の中から選出された総代100名(任期3年)の方々による総代会が年1回最低開催されています。
総代会では会長・副会長・監事・理事が選任(3年)と当初予算と収支決算などが決められます。

役員35名

会 長:
 

永瀬 隆一
 
副会長:
 
新谷勝彦、桑田敬司
 
理 事: 
         
武田義勇貴、大橋 進、熊谷孝行、伊東貞治、中村昌良、池田恭史、藤野春樹、
寺東 覚、島谷充彦、片山昌宏、金田 一、馬場重行、壷坂佳照、畠山秀之、
田中克志、堀 真一郎、福本吉宗、長谷川 憲司、橋本亮一、柴田 愛、三浦啓之、
池本浩志、草野智和、木村祐子、内藤貴之、麻木邦子、嶺山洋子、中村 馨乃信、
田寺明生、清水丈嗣
 
監 事:
杉本英人、小泉 星児
 
青年部・・・会員たる商工業者又はその家族等であって、年令満45才以下の部員で構成(青年部HP)

女性部・・・会員たる商工業者又はその親族等である女子で構成(女性部HP,FB,ブログ)

組織運営委員会・・商工会組織の維持管理及び商工会員の交流に関する事項

事業活動委員会・・商工会事業(部会事業を除く受託事業・助成事業)の推進及び商工会員の福利厚生・共済等サービスに関する事項

事務局・・・経営改善普及事業等
 

事業内容

1 商工業に関する相談に応じ、又は指導。
2 商工業に関する情報、又は資料の収集及び提供。
3 商工業に関する調査研究。
4 商工業に関する講習会、又は講演会を開催。
5 商工業に関する施設を設置し、維持し、又は運用。
6 都道府県商工会連合会の委託を受けて商工貯蓄共済事業・商工会カード事業の業務。
7 商工業者の福利厚生に資する事業を行う。
8 商工会としての意見を公表し、これを国会・行政庁などに具申し、又は建議する。
9 行政庁などの諮問に応じて答申。
10 社会一般の福祉の増進に資する事業を行う。
11 商工業者の委託を受けて、当該商工業者が行うべき事務(その従業員のための事務を含む)を処理。
12 行政庁から委託を受けた事務を行う。
13 輸出品の原産地証明を行う。
14 前各号に掲げるもののほか、商工会の目的を達成するために必要な事業を行う。

令和元年度事業計画

1  基本方針
本会は、前身となる「芦屋商工会」が昭和27年12月に会員数1233名をもって発足し、同35年6月に商工会法の施行により現行の「芦屋市商工会」が特別認可法人としてスタートを切り、本年で67年を迎えます。
この間、元号も「昭和」から「平成」と移り変わり、そして、今年度は新元号のもとに新たな時代が幕を開けます。
また、時を同じくして、本会におきましても昨年来より取り掛かりってきました部会の再編や商工会館の改修など積年の課題解消へ向けた取組みを経て、これまでと違った「組織運営」と「事業活動」の両面で新たなステージへと向かう年でもあります。

さて、商工会員の多数を占める小規模事業者の身の周りでは、イノベーションの進展による環境変化をはじめ、高齢化や後継者不足、更に最近では人手不足や事業承継等の小規模事業者ならではと言える課題に直面しています。
しかし一方では、地元の事業者ということで、顔が見え消費者との距離感が近く信頼関係にもとづいた地元密着型の取引に強みを持ち、また、地域の魅力を内外に広め、ブランド化等を推し進める領域にも関与しうる立場にあると言えます。

こうしたなか、本会では、一昨年より、会員事業の繁栄を第一に見据え、地元の店舗・事業者の優先利用につながる〝普段使い″の消費や投資を地元で賄うことを推進し〝会員応援宣言″として外部に発信しています。
さらに、小規模事業者ならではの強みの強化や課題の克服に向けて、国・県レベルで法律や条例による支援施策が実施されるようになり、本市におきましても昨年6月に「中小企業・小規模企業振興基本条例」が制定され、行政の後押しを得ながら、これまで本会で取り組んできました認定経営発達支援計画による事業活動をはじめ、創業から経営の改善・安定・革新に至るまでの一体化した小規模事業者支援を推進して参ります。

また、昨年度は、会員増強等につなげる組織強化に向けた組織変革の一環として、「新たな3部会グループ」を設け、全ての会員の皆様が地域と業種ごとの部会に所属し、垣根を越えた知見と経験を持ち寄りその多様性を認め合い、会員ならどなたでも商工会活動に参画していただける正式な内部組織が発足しましたが、今年度は原点である会員活動の公平性と組織運営の明瞭性の確保のもと、中身のある部会づくりが本格化します。

昨今、本会の運営におきましては会員数と組織率の低迷が喫緊の課題となっています。
この厳しい現状を受け、会員の皆様との顔がよく見える関係性を築き、地域総合経済団体としての存在価値向上に向け、役職員一同しっかりと取り組んでまいりますので、会員の皆様の更なるご支援、ご協力をお願いいたします。


2  地域活力の増進事業
1.部会再編による部会(グループ)の事業推進
 A)商店会部会グループによる商店会地域の集客・賑わいづくり事業の実施など
 B)地域別部会グループによる地域課題への取組み・小規模企業等の各種施策対応など
 C)業務別部会グループによる自社(自店)の経営課題解消・販路拡大、受注機会増大への取組み、消費増税対応など
 
2.創業起業向け活動拠点事業の推進
(コワーキングスペースの運営受託)
 
3. 異業種交流活性化支援事業の推進
(Made in芦屋/老舗の味商品開発)
 
4.地域商業活性化対策事業の推進
(芦屋市商業活性化対策協議会の運営・芦屋創業塾)
 
5.情報発信支援事業の実施
(スマホアプリ芦屋歩記の活用)
 
6.専門指導体制の拡充強化
(定例経営相談会の開催・情報発信支援員の活用など)
 
7.金融・税務対策事業の拡充強化
(個別相談会の開催)
 
8.経営環境改善事業の実施
(芦屋広域商業診断結果の活用)
 
9.小規模事業者支援パッケージ事業の実施
(小規模事業者持続化補助金など各種支援施策)
 
10.消費税軽減税率対応窓口相談等事業の実施
(専門家派遣など)


3  商工会の組織強化
1.商工会組織強化対策の実施(会員増強の取組み・常任及び特別委員会の運営)
2.商店会・団体等との連携・協調(参加事業の実施)
3.新規商工会員との交流事業の実施
4.青年部・女性部の活動支援
5.情報セキュリティー対策、IT利活用の推進
6.情報の収集・提供事業の実施
7.芦屋さくらまつり、あしや秋まつりなど市内集客事業への参画と協議・連携
8.芦屋市等関係機関との意見・要望活動事業の実施


4  会員サービスの向上と今後の体制づくり
1.職員による会員事業所への巡回訪問
2.会員ニーズに応える共済事業の推進
3.会員事業所の福利厚生事業の実施
4.会報紙、ホームページなど媒体物の統合による広報活動機能の強化
5.検定事業の実施
6.小規模事業者へのIT化の支援
 

沿革

昭和25年4月 芦屋市内13の市場、商店街が参加して『芦屋商店街連合会』発足。
昭和25年12月  『芦屋工業会』発足。
昭和27年12月 『芦屋商店街連合会』と『芦屋工業会』が一本化、『芦屋商工会』発足。
昭和35年6月 『商工会法』が施行。
昭和36年4月 任意商工会『芦屋商工会』から、商工会法による『芦屋市商工会』へ移行。
昭和36年5月 初代会長に、西村熊市就任。
昭和43年5月 二代目会長に、中山只一就任。
昭和57年4月 現在の芦屋市公光町に商工会館を建設。
平成8年5月 三代目会長に、小田脩造就任。
平成30年10月 四代目会長に、永瀬隆一就任。(現職)