ログイン
HOME  » 共済制度
共済制度

火災共済・自動車共済 保険証券 キャンペーン

芦屋市商工会で取り扱いしております「火災共済」と「自動車共済」の期間限定キャンペーンを行っております。
皆様が現在加入されています「火災保険」や「自動車保険(任意保険)」の証券コピーをFAX等でご提出頂くだけで、素敵な景品が当たります。
また、お安い保険料で充実した内容のお見積りをさせて頂きます。
この機会にぜひご応募頂けましたらと思いますので、よろしくお願い申しあげます。

キャンペーン期間:2017年5月1日~7月末日まで
引受保険会社:兵庫県共済協同組合
http://www.ken-kyosai.or.jp/

お問い合わせ:芦屋市商工会

TEL:0797-23-2071
FAX:0797-32-4177

中小企業向け共済

芦屋市商工会は経営者や従業員の退職金や共済について、
様々な共済制度や保険をラインアップし、事業主や従業員の「安心」をサポートします。 

特定退職金共済

■制度の特色

事業所が支払うべき退職金を毎月計画的に準備できます。税法上、掛金は全額損金または必要経費になります。
 

■掛金

掛金は、全額事業主負担で従業員1人当たり26口が限度です。 1口1,000円から26口26,000円まで1,000円単位でご加入できます。
 

■加入資格

市内にある事業主(事業所)であれば、誰でも従業員(専従者控除の対象者を除く)を加入させることができます。
 

小規模企業共済

この制度は国がつくった事業主の退職金制度で、毎月一定の掛金を納めることにより、将来事業をやめたり、役員を退職した時に共済金が支払われます。
 

■制度の特色

掛金は全額所得控除でき、共済金は一時金として受取る場合、退職所得扱いとされますので税法上非常に有利です。また加入者には貸付制度もあります。
 

■加入資格

常時使用する従業員が20人(商業・サービス業は5人)以下の個人事業主または会社役員、企業組合、協業組合、協業組合役員等。
 

■毎月の掛金

1,000円~70,000円まで自由に選べます。(500円きざみ)

休業補償制度

■制度の特色

病気やケガで働けない間、月々の所得を補償します。
※最高1年間補償(免責7日間)
※会員及び従業員の配偶者で家事に従事されている方も対象となります。
 

■制度の仕組み

【ご加入】    
  • 職種・健康状態の告知だけの簡単な手続きです。
  • (医師による審査原則不要)
  • 1ヶ月の補償額をお決め下さい。
  • 給与所得者は平均月間所得額の50%、自営業者は70%の範囲内でお決め下さい。
【保険期間中】    
  • 保険期間は1年間、24時間あなたの生活をワイドに補償します。
  • 業務中はもちろん業務外、国内および海外での病気・ケガによる休業を補償します。
  • 法人等が保険料を負担し、従業員全員を一括付保する場合の保険料は、原則全額損金処理(福利厚生費)が可能です。
      (一部の同族関係者ならびに専従者、個人事業主分の保険料については取扱が異なります。)

基本保険料 団体、優良割引適用 
 

PL(製造物責任)保険

■加入できる方

本制度は中小企業者の皆様のために新しく創設した保険制度です。本制度に加入できる方は、中小企業基本法に定められている中小企業者のうち、3団体(日本商工会議所・全国商工会連合会・中小企業団体中央会)のいずれかの傘下団体に属する方に限られます。

団体   資本金   従業員数
日本商工会議所 小売業 5,000万円以下 または 50人以下
サービス業 5,000万円以下 100人以下
全国商工会連合会 卸売業 1億円以下 100人以下
 

■お支払いする保険金

保険金をお支払いする場合
本制度に加入した中小企業者の皆様が日本国内において製造または販売した製品や、行った仕事の結果が原因で、他人の生命や身体を害するような人身事故や、他人の財物を壊したりするような物損事故(以下「PL事故」といいます)が発生し、皆様が加入期間中に損害賠償請求がが提起されたことによって、法律上の損害賠償金や訴訟費用等の損害を被った場合に、保険金をお支払い致します。
 

自動車事故費用共済

被害事故+加害事故でもしっかり役立つ!

自動車人身事故、自動車保険に入っているから安心だと思っていませんか?
万が一、あなたが、あなたの会社の従業員が、あなたの家族が人身事故を起こしてしまったら…。
保険では賄いきれない多額の自己負担が必要になる場合があります。
「自動車事故費用共済」は、あらゆる人身事故で自動車保険では担保されない自己負担分を補う制度です。

詳しくは兵庫県共済のホームページをご覧下さい。掛け金は下記の通りです。

車種 ナンバー 年払 月払い
普通自動車 3・4・5・7 10,000円 1,000円
軽自動車 4・5 5,500円 550円
普通貨物自動車(2t以下) 1 16,000円 1,600円
普通貨物自動車(2t越) 1 23,500円 2,350円

※上の表に該当しないお車についてはお問い合わせください。
※緑・黒ナンバーの車はお引き受けできません。
※初回加入時に出資金200円をいただきます。

商工安全共済

日常の思いがけない事故や病気を保障。さらに要介護時に見舞金をお支払い。
満85歳未満の方まで加入可。(90歳まで継続可)共済金は契約者にお支払い致します。
 

■ご加入頂ける方

健康で、正常に就業し、または日常生活を営む満6歳~満90歳未満の方。
(満85歳以上の方は、満85歳未満から更新継続された方に限ります)
 

■共済掛金

A・Cコース 月額2,000円<年額24,000円>
B・Dコース 月額1,000円<年額12,000円>
 

■共済金の区分と保障額

共済名 商工安全共済 商工安全共済シニアコース
共済金の
区分
Aコース(月額2,000円)の保障 Cコース(月額2,000円)の保障
満6歳以上
65歳未満
65~70
70~75
満70歳以上
85歳未満
満85歳以上90歳未満
(継続)
傷害死亡
共済金
1,000万円 800万円 700万円 250万円
疾病死亡
見舞金
30万円 10万円    
後遺障害
共済金
10万円~1,000万円 8~800万円 7万円~700万円 2.5万円~250万円
介護見舞金
(要介護)
50万円 50万円 20万円
傷害入院
共済金
(1~180日)
1日につき、8,000円
(1~180日)
1日につき5,000円
(1~180日)
1日につき2,000円
傷害手術
共済金
傷害入院期間内に所定の手術を受けた場合、20万円・10万円・5万円 傷害入院期間内に所定の手術を受けた場合、20万円・10万円・5万円
疾病入院
見舞金
10万円 3万円    
傷害通院
共済金
実日数7日以上通院したとき1日目から給付
1日につき3,000円
実日数7日以上通院したとき1日目から給付
1日につき1,500円
 
※BコースはAコースの保障額の半額。DコースはCコースの保障額の半額です。