ログイン
HOME  » 経営相談 » 経営支援事例 » 会員からの声詳細
会員からの声詳細

Interview #17
いろんな営業ツールを総合的に生かすこと。

小売業の経営革新の取得事例は非常に少ない。特に酒や米穀店は以前の勢いがなく、市内でも多くの店が衰退してきている。その中で、地道に努力されて経営革新を取得されたことは、同業者の良い見本となる。(サポーター:山本)

(株)倉橋商店
取締役
倉橋隆明 様

ご利用いただいた支援メニュー

経営革新認定取得による営業活動の効率化

きっかけは?…

以前から、経営努力をしてきたが、売上の回復はなかなか見込まれない状況。その時に、商工会から経営革新の認定について進められ、家族や従業員に対する責任から経営革新の認定取得を目指した。


参加してみた感想はいかがでしたか?…

まだまだ売上の回復は順調ではないが、一つの経営方針を決めることができた。これからは販売促進のツールにそって、営業活動を行い。また、それに向かって、企業の努力を進めていくことができるようになった。


倉橋商店

その後の取り組み状況はどうですか?…

現在、発行している月1回のチラシを効率的に、また、見やすくするために、石川先生の指導を受けている。


利用(参加)の前後(before&after)で何か変化がありましたか?…

チラシとカレンダーがうまくできれば、売り上げも順次回復してくると思うが、まだしばらく時間がかかりそう。しかし、お客様の反応は上々である。


会員様への連絡先

事業所名 (株)倉橋商店
業種 酒・米等食料品小売業
住所 東山町30-6
ホームページ
電話番号 0797-22-2660
営業時間
定休日

 

商工会担当者より

食料品小売業として、経営革新の認定所得が難しいなか、今まで使っていたノウハウを上手く生かして、認定を取得することができた。

(担当:山本和則)


<< 戻る